コラム

写真家・砂原文さんのモロカイ便り「pili」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.12.07

1207_nitta01

ライターの仁田ときこです。
仕事柄、毎日のように多くのカメラマンさんとご一緒するのですが、そのなかでも心を根こそぎ持っていかれるような人と出会うときがあります。
そのひとりが、砂原文(すなはら・あや)さん。
砂原さんの撮る写真は、どれもやさしくて温かくて、「写真って人柄が出るもの!?」と、初めて衝撃を受けた人。

そんな砂原さんが、初の写真展を開くというので、この一年ずっと心待ちにしていました。会場は友人の清水ありさちゃんが運営する「nidi gallery」に決まり、そんな縁もうれしかった。

1207_nitta02

会場内には、砂原さんが10年前から通うモロカイ島のさまざまな表情が飾られ、一歩足を踏み入れたときから涙がジンワリ。


1207_nitta03

私も20代から仕事やプライベートでハワイによく足を運んでいて、モロカイ島には行ったことがなかったのだけど、写真からは「久しぶり〜!アロハ〜!」って言ってもらえたような感覚。

温かなお湯のなかにトプーンと頭まで浸かったような、ユラユラと穏やかな感覚に包まれました。

ハワイ島在住のロミロミプラクティショナーであるJunkaさんのお話会にも参加できて、そこで「自分に厳しい人は他人にも厳しい」「悩まなくていいことで9割悩んでいる」「人はやりたいか、やりたくないかで動けば良い」といったお話を聞き、なんだかこの一年で肩にズシッと乗っていた荷物がストンとおりたよう。

話を聞いている途中、一緒に行っていた友人が私の膝にティッシュをソッと置いたので何事かと思ったら、私の目と鼻から大量の水が…。えぇ、大号泣していました。

見知らぬ人もポンポンと肩をたたいてくれたり、ハグしてくれたり、なんという至福の時間。

1207_nitta03b

あまりに素敵な写真展だったので、最終日にも一人でお邪魔してきました。
本当に、張りつめていた心がほぐれる写真展でした。
ここで飾られた写真たちは、来年からの巡回展で写真集として販売するそう。
私も先日購入したので、ロケ先に持参しては皆に見せています(笑)。


もうすぐ心を無くしがちに慌ただしい師走…。
砂原さんからのモロカイ便りを開いて、自分のメンテナンスをしたいと思います。

慌ただしい年末、心の休息にモロカイ島からのお便り、いかがですか?

1207_nitta04

1207_nitta05

1207_nitta06

1207_nitta07


Photo:Aya Sunahara
http://laaufilm.com/aya-sunahara/

 

Writer's Profile
仁田ときこ

フリーランスの編集ライター。リンネルをはじめ、さまざまな媒体で心地いい暮らし方やファッションについて執筆。学生時代から冷えとりを続け、温活歴は20年以上。ランジェリー・眼鏡・革靴オタク。男児2人を育てる母。


おすすめアイテム

もっと見る

すべてのコンテンツ

  • トップ
  • クラリネのお買いもの
  • 新商品&再入荷
  • リンネル別注
  • リンネル掲載
  • ファッション
  • ファッション雑貨
  • アクセサリー
  • キッズ&ベビー
  • テーブルウェア
  • キッチンウェア
  • インナー
  • インテリア雑貨
  • 日用品
  • ファブリック
  • フード
  • ステーショナリー
  • ヴィンテージ
  • おくりもの
  • ブランド・作家
  • クラリネの読みもの
  • コラム
  • 特集
  • お知らせ
  • 月別アーカイブ
  • Facebook
  • Instagram
  • Feedly
  • 7,500円以上お買い上げで送料無料
  • メールマガジンのご登録