花柄×デニムの甘さを抑えた大人ガーリーな装い

2018.07.04

sato0704_01

今日はプレスルームやショップへリース廻りに。

甘くなりがちな花柄アイテムは、シンプルに着こなすことで、花柄の華やかさを引き立てながらも洗練された印象になります。

 

「マカフィーの花柄トップスは、存在感がありながらも小花柄で着こなしやすいところが気に入っています。デニムパンツはジョンブルのもの。シンプルな着こなしに、旬のワイドシルエットでさり気なくトレンド感も取り入れました。

 

野暮ったくなりがちなチュニック丈×ワイドパンツの組み合わせも、花柄トップスのウエスト部分にギャザーが入っているので、ほどよくメリハリの効いた着こなしになります」

 

sato0704_02

「ガーリーになりすぎないよう、足元はマニッシュなグルカサンダルを投入しました。さり気なく抜け感がありながら、ブラックカラーでコーディネート全体を引き締めてくれます」

 

photograph:Atsuko Chiba text:Mina Ota

 

Writer's Profile
佐藤かな

スタイリスト
『リンネル』をはじめ、多数の女性誌やカタログ、広告などで活躍中。ナチュラルでシンプルな着こなしに、さり気なく流行を取り入れたスタイリングが人気。手芸もお手のもの。ソーイング著書も多数手がけ、最新刊『スタイリスト佐藤かなが作る赤ちゃんのための服と小物』(文化出版局)も好評発売中。


お知らせ
ナチュラン

毎日、季節の新作とコーディネート提案中。リンネル別注商品はこちらでご購入いただけます。