どこまでも歩きたくなる、可愛くて頼もしいダンスコ

2016.02.09

こんにちは!リンネル編集部の東です。

今年は暖冬とは言え、やはりそれなりに寒い日が続きましたが、
少しずつ春の訪れが感じられるような暖かさが感じられて、朝起きるのが嬉しい今日この頃です。

そんな陽気に誘われて、休日は近所をずんずん歩くのが最近のマイブームなのですが、休日散歩のおともは、やっぱりDANSKO(ダンスコ)です。

favorite07_01

DANSKO/INGRID OILED

かかとのソールが約5㎝と厚いので、歩くときの衝撃が緩和されるからでしょうか…フィット感が心地よく、かといって足をしめつけられているような感じもなく、どこまでも歩いていけそうな快適さなのです。

favorite07_02

アッパーのストラップは、コーディネートのアクセントとしても◎。かかとにまわしてストラップとして使えば印象も変わります!

favorite07_03

そして何よりのお気に入りは、コロンとしたフォルムと、上質なオイルドレザーのクラフト感。わが家は下駄箱が狭いため、たたきに靴を出しておくこともあるのですが、置いておくだけでなんだか絵になってしまうというニクイまでの可愛さなのです。

履きやすさ、歩きやすさといった機能面はもちろん大切なのですが、見ているだけで「買ってよかったなぁ」という思いがじんわり広がるのは、つくりが良いものならではの魅力かもしれませんね。

 

ちなみに、休日散歩のときに友人のシブヤパブリッシングブックセラーズ・店長の鈴木美波さんに偶然バッタリ!なんと彼女もダンスコを履いており、ダンスコラバーズだそう。書店という仕事柄、立つ・移動の作業が多いため、かといってはきやすさ重視の運動靴ではおしゃれ心は満たされない! ということで、専らダンスコなのだとか。素敵な着こなしだったので、無理やり引きとめスナッピングしてしまいました。彼女のコーディネートを見て、早くも明るい茶色の別型がほしくなってしまったのは言うまでもありません。

favorite07_04

DANSKO(ダンスコ)商品一覧はこちら

 


お知らせ
ナチュラン

毎日、季節の新作とコーディネート提案中。リンネル別注商品はこちらでご購入いただけます。