ママ友、義母にも。愛用者続出の「折りたためる帽子」

2019.07.08

リンネルささきです。太陽がジリジリと痛いくらいになってきましたね。今年はなんだか夏が来るのが早かった気がします。ふだんから愛用している、「折りたためる帽子」を、4月後半からかぶっています。


 女優のマイコさんとリンネルでコラボして作ったこの帽子は、服を選ばず、シチュエーションも選ばず、つばは自在に形状記憶でき、とても重宝。何より、室内ではたためてバッグにしまえるので、外出先で邪魔になりません。

出先でかぶらなくなったら、たたんでしまえばOK。


あまりに便利で、しかもペーパーコードで作られているため、神経質に扱わなくても(つまりは雑に扱っても!)問題ないところも助かり、色々な人にすすめてきました! 今回は、そんな身近な愛用者の声をまとめてみました。


<Case.1>

まずは編集部のおしゃれ番長こと、こざさです。

ショートヘアに、つばをあげてかぶるのもいい感じです。「つばをくるんとすると表情が変わるので、メンズライクなシャツやきれいめな装いにもしっくりきていいんです」とこざさ。さらにおすすめポイントを聞くと……。「おしゃれや機能性はもちろん、見ばえのわりにお値段がリーズナブルなところも」とも。

それ、大事! 正直、お高めだと、汗や汚れのお手入れなども気になって、かぶるのにドキドキしちゃったり、出番が少なくなったりもするわけで……。それよりは、デイリーユースでガンガン使える帽子のほうが、結局しっくりくるのは必然!(しかも、このハット、高見えしますしね)


大人なコーデにも合うのがうれしい!


<Case.2>

 近所のママ友のゆかさんは、まだ2歳のお子さんがいるので、手はなるべく空けていたい派。外出時に日傘などはもちろんムリ。でも、紫外線も気になるし、とはいえアウトドアテイストの帽子は自分らしくない、というところから選んだのがこの帽子だったとのこと。


 私なんかより、ずーっとずっとリンネルっぽいゆかさん。やっぱり彼女みたいなママには、雨がしのげるスポーツブランドの帽子よりも、ボーイッシュなキャップよりも、ナチュラルなハットがお似合い。保育園にお迎えにいくと、ママ友さんに「それ、どこの?」と聞かれる、とも言っていました。


<Case.3>

わたしも保育園の送迎時には自転車に乗ります。18時を1分でも過ぎたら延長料金がかかるため、風をびゅんびゅん切って走るわけで、帽子はアゴひもがないと不安。ゆえに、こういったハットは疎遠になっていたのですが。でも、この帽子は、頭周りのサイズを調整できるので、自転車に乗る際はぎゅっとキツくすれば、風で飛ぶ心配もありません。


↑2人の子どもを乗せ、自転車を暴走させても帽子は飛びません! このあと、見事に汗だくになりますが、顔の日焼けもさせません~! 


<おまけ>

マイコさんが、ご自分のお母様にプレゼントした、と話していたのに刺激され、私も、ささきの母の喜寿のお祝いにプレゼントしました。この帽子、年齢を問わない可愛さがあるんですよ。

後日、かぶった写真が送られてきました。足が不自なのですが、おしゃれが大好きな母。帽子がきっかけで、少しでも外出したい気持ちになれたらうれしいです。


私と、私の身近な人たちが愛用している、折りたためる帽子。この夏も、みんなの楽しい日々と思い出を共にする相棒になっているといいなと思っています。

 

マイコ商品一覧

Lib.商品一覧

 


お知らせ
ナチュラン

毎日、季節の新作とコーディネート提案中。リンネル別注商品はこちらでご購入いただけます。