よだれ鶏

2017.11.06

よだれが止まらないほど美味しい!ということで名付けられた鶏料理です。

いろいろなところで目にするようになり、
我が家でも作ってみました。


作ってみたら名前こそ違うけど、
我が家でも定番の茹で鶏じゃないですか!

名前が違うとなんだか新鮮ですね。

totto_201


鶏の胸肉は皮を取り、
包丁で厚さを均一にするように開き、塩を振って下味をつけます。

ポリ袋に入れて冷蔵庫で1日くらい置いておいてもオッケーです。


下味をつけた鶏肉は常温に戻しておきましょう。


鍋に胸肉としょうがのスライス、酒少々、お水をたっぷりとかぶるくらい入れます。

それを中火にかけ、沸騰したら火を止めて蓋をします。


ポイントは火を止めて余熱で火を通すように蒸し煮にすること。

ふっくらしっとり仕上がります。


そのまま冷めるまで放置したら、
包丁でスライスしてお皿へ。


タレはざっくりですので、酸味、甘味はお好みで調整してくださいね。

  • 花椒(あれば粒のものを潰して):大さじ1
  • 黒酢(お酢でも可):大さじ3
  • 砂糖:大さじ2
  • オイスターソース:大さじ1
  • 醤油:大さじ1
  • ごま油:大さじ2
  • しょうがすりおろし:ひとかけ分
  • ラー油:お好みで。


これらを鍋に入れてひと煮立ちさせ、
鶏肉にザザッとかけます。

この日は小ネギとナッツをのせましたが、
もやしやパクチーなどでも美味しいです。

ぜひ、お試しを!

totto

 

Writer's Profile
totto

料理家。雑誌や広告のフードコーディネート、レシピ開発、イベントのフードケータリングを手がけるほか、子ども向けワークショップの開催など、食育活動にも力を注いでいる。tottorante主宰。
https://toshiekikawada.com/


お知らせ
ナチュラン

毎日、季節の新作とコーディネート提案中。リンネル別注商品はこちらでご購入いただけます。