もって菊とワカメのレモン醤油和え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.02.27

「もってのほか」とか「もって菊」と呼ばれる紫色の食用菊。

茹でるとなんとも言えないシャキシャキ感。
ほんのりと苦くて、鼻に抜けるいい香り。

これが大好きで、見かけると必ず買います。

生のままサラダに散らしたりしてもかわいい、日本のエディブルフラワーですね!


山形では古くから郷土の味として親しまれてきたようです。
私は大人になってから食べたのですが、我が家の子どもたちも大好きで、いつも取り合いです。

totto_131

ガクの部分から花びらを摘んで引き抜き、熱湯にお酢を小さじ1くらい入れてさっと茹でます。

氷水で冷やしたらザルに上げて水気をしっかりと切り、下処理は完了。


ちょうどはちみつレモンがあったので、それを大さじ2とお醤油少々を加えて合わせだれに。
(はちみつレモン→レモン輪切り2個分に、はちみつ200gを加え冷蔵庫で一晩漬けたもの。水分が出ます)


レモン汁、はちみつ少々、お醤油少々を合わせたものでもOKですよ!

ワカメ(塩蔵)は水で塩を洗い流し、こちらも熱湯でさっと茹でてから食べやすく切っておきます。


お皿に盛りつけて合わせだれをかけたら完成。


今日も「いただきます」を言うと、真っ先にこれを食べる子どもたちでした!


totto

 

Writer's Profile
totto

料理家。雑誌や広告のフードコーディネート、レシピ開発、イベントのフードケータリングを手がけるほか、子ども向けワークショップの開催など、食育活動にも力を注いでいる。tottorante主宰。
https://toshiekikawada.com/


おすすめアイテム

もっと見る