特集

みんなの冷えとりスタイルを考えて作った「初心者さん向けセット」と「上級者さん向けセット」ができました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.01.10

冷えとりアイテムをお取り扱いしていると、冷えとりをされている方とお話をする機会をよくいただきます。
お話を聞くと、そのスタイルはさまざま。冷えとり靴下をひとつ取っても、“2枚までの少なめ派”や“6枚以上、とにかく重ねたい派”など自分のライフスタイルに合わせた方法を選んで、実践されている方が多いようです。
一方で、初心者さんや、冷えとりを実践中の方のお悩みを耳にすることも。

「まずは何を揃えればいいの?」(初心者さん)
「もっと温めたいけど、4足以上の重ねばきは窮屈では?」(経験者さん)

冷えとりのちょっとした疑問が解決できて、もっと快適に心地よく、毎日を過ごせる手助けができれば……。当店のそんな想いに応えてくれたのが、吉田羊さんとのコラボアイテムでもお世話になっている冷えとりブランド「くらしきぬ」でした。

冷えとりって何?という方はこちら
★「冷えとり きほんの“き”」を読む

 

スタイルに合わせた
「冷えとり」のセットを作ろう

ご自身も冷えとりを8年続けているという“冷えとり上級者さん”のくらしきぬ・戎 晃子さんと、当店スタッフが話し合いながらアイテムを厳選。
まずは手軽に。冷えとり初心者さん向けセット」と、「もっと重ねたい!冷えとり上級者さん向けセット」が完成しました!


まずは手軽に。冷えとり初心者さん向けセット

はらぱんのショートタイプに、靴下が4足入った5点セット。

「冷えとりの基本は下半身を温めるということですが、はじめての方は何足も靴下を重ねばきするのが面倒に感じるのではないでしょうか。なるべく重ねる靴下の数が少なくなることと、その日の気分やファッションに合わせて組み合わせを変えられるようにアイテムを選びました」(戎さん)

くらしきぬ/【WEB別注】まずは気軽に。冷えとり初心者さん向けセット ¥15,930


【セット内容】

① はらぱんショートタイプ

② シルク&ウール お手軽冷えとり靴下(かかと付き)

③ 内絹外ウール靴下重ねばきセット

④ ウールカバーソックス

それぞれのアイテムの詳細は商品ページをご覧ください。


パターンA
1足でお手軽冷えとり

さまざまな足もとコーディネートが楽しめる初心者セット。②シルク&ウール お手軽冷えとり靴下(かかと付き)は、表はウール、肌に触れる裏はシルクの二重編みで、これ1足でこっそり冷えとりできる優れモノ。


パターンB
2足で4枚分、はじめての重ねばき

③の内絹外ウール靴下重ねばきセットから5本指靴下をインナー靴下として使い、②をカバーソックスとして。③も②と同様にシルクとウールの二重編みなので、この2足でシルク、ウール、シルク、ウールの4足を重ねばきしたのと同じ温かさに!


パターンC
②はインナー靴下としても活躍

②をインナー靴下にして、④のカバーソックスを重ねてもOK。着こなしに合わせて足もとのボリューム感を調整できます。


パターンD
3枚で5枚分、本格冷えとりにも挑戦

③の上に④を重ねて、靴下5足分の本格的な重ねばきにも挑戦できます。いろんな組み合わせ方ができるから、自分に合う冷えとりスタイルを探せますよ。


もっと重ねたい!冷えとり上級者さん向けセット

ロングはらぱんに、靴下が9足入った10点セット。すでに冷えとりをしている方で、もっと温めたい方向けに作りました。

「冷えとりをされている方は、すり減ったインナー靴下や、洗い替え用の靴下の買い足しをお考えなのではと思い、それを一気に解決できるセットに。4足以上の重ねばきにも対応できるように考えました」(戎さん)

くらしきぬ/【WEB別注】もっと重ねたい!冷えとり上級者さん向けセット ¥25,963


【セット内容】

① はらぱんロングタイプ

②  冷えとり 基本の靴下4足セット

③ ウール先丸靴下

④ シルク&ウール お手軽冷えとり靴下

⑤ インナー靴下3足セット

それぞれのアイテムの詳細は商品ページをご覧ください。


パターンA
薄手のウールソックスと
シルクウールのカバーソックスの重ね技

4足以上重ねるときに、足もとが分厚くなりすぎるのを避けたい人にぴったりな組み合わせがこちら。⑤のインナー靴下3足セットに、③のウール先丸靴下を重ね、カバーソックスに二重編みの④のシルク&ウール お手軽冷えとり靴下を選んで。④は薄手なので見た目はすっきり、でもしっかり温かい足もとに。


パターンB
基本に沿って、どんどん重ねるスタイル

1~3枚目にはくインナー靴下が2組入っているので、どんどん重ねていくこともできます。写真は②の冷えとり 基本の靴下4足セットに③のウール先丸靴下、⑤のインナー靴下3足セットからシルク先丸靴下を加えた6枚ばき。


戎さんの冷えとりコーディネートを拝見!

冷えとりをしていると悩ましいのが、「どうやっておしゃれに見せるか」ということ。ご自身も日ごろからセットのアイテムを愛用しているという戎さんに、素敵なコーディネートを教えていただきました!


Style 01
重ねばきしても足もとはすっきり
冬のホワイトコーディネート

全身をホワイトで統一して、赤いストールをアクセントに。
「初心者さん向けセット」より、①はらぱんと③内絹外ウール靴下重ねばきセット、④ウールカバーソックスを着用。

「細身のパンツですっきりと。トップスがチュニック丈なら、はらぱんを中にはいても着膨れして見えません」

Point!
コンバースの紐はゴムに替えて楽チン

足もとがもこもこしがちな冷えとりコーデですが、コンバースで引き締めればすっきり見えが叶います。

「靴下をゴムに替えているので、靴下をたくさんはいていても窮屈にならなくていいですよ。紐をほどかなくてもすぐに靴を脱ぎはきできるのも楽なんです」


Style 02
“着る湯たんぽ”で
冬でも全体の印象は軽やかに

リネンウールのプルオーバーに、コットンのスカートという軽やかな着こなし。
「下半身をしっかりと温めていれば、上半身は薄着でも寒くないんです。上もたくさん着るとのぼせちゃいます(笑)」

「上級者さん向けセット」から、①ロングはらぱんと、②冷えとり 基本の4足セットをチョイス。トップスのインナーは、セットではありませんがくらしきぬの「絹がさね シルク&ウール 八分袖インナー」のみ。

Point!
軽やかな服の下は完全防寒

ロングはらぱんをカバーソックスの中に入れてはけば、胸下から足の先まで隙間ができずしっかり温められます。
「ロングはらぱんのことを、私は“着る湯たんぽ”と呼んでいます(笑)。一度はくとこれなしではいられません」

「私も子育てをしているので、たくさんの靴下をはいている余裕がないときもあります。仕事をしていれば、足もとをすっきり見せたいときも。“必ずこうしなきゃ”と思うと疲れちゃうけど、暮らしに合わせて、自分の冷えとりスタイルを見つけてもらえたら」と戎さん。

どちらのセットも、単品でご購入いただくよりもちょっぴりお得になっているので、ぜひ冷えとりスタイルの模索に活用してくださいね。

 

「くらしきぬ」商品一覧

 

写真:吉岡真理 取材・文:箕浦 梢

 

Writer's Profile
くらしきぬ

岡山県倉敷市で子育てをしている二人のママが立ち上げた、絹の肌着と靴下ブランド。冷えとりの心地よさと、絹の温もりを感じられるアイテムを展開する。腹巻きと毛糸のパンツを融合させた内絹外ウールの「はらぱん」が、全国の冷えとりユーザーに大人気。http://www.kurashikisilk.jp/


おすすめアイテム

もっと見る

すべてのコンテンツ

  • トップ
  • クラリネのお買いもの
  • 新商品
  • 再入荷
  • リンネル別注
  • リンネル掲載
  • ファッション
  • ファッション雑貨
  • アクセサリー
  • キッズ&ベビー
  • テーブルウェア
  • キッチンウェア
  • インナー
  • インテリア雑貨
  • 日用品
  • ファブリック
  • フード
  • ステーショナリー
  • ヴィンテージ
  • おくりもの
  • ブランド・作家
  • クラリネの読みもの
  • コラム
  • 特集
  • お知らせ
  • 月別アーカイブ
  • Facebook
  • Instagram