夏カジュアルのスタンダード・ワードローブ「Soi-eの3wayワンピース」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.05.23

Soi-e(ソワ)」とクラリネが作ったベルギーリネンの3wayワンピースは、ワンピースや羽織りとして3通りの着方ができて、これから夏にかけても大活躍間違いなしのアイテム。
ブランドプレスの塩川さんに、おすすめの着こなし方を伺いました。


STYLE 01
裾からのぞく花柄で
さりげない女性らしさを

カシュクールタイプのワンピースは、裾にスリットが入っているのがポイント。下にはくボトムでいろいろな着こなしを楽しめます。

Soi-e 塩川さん
「春夏の柔らかな風をイメージ。明るい日差しが降り注いで、お花も咲き始めて……。心地いい穏やかな気分を表現するように、インナーには柔らかなホワイトのブラウス、ボトムはライトグレーとライトブルーの花柄スカートを。シューズもあえてホワイトを選び、淡く優しい雰囲気にしました。かごバッグの内布が黒なので、かわいらしいだけではなく大人っぽく仕上がったと思います」


STYLE 02
ブラックで引き締める
甘いブラウスのコーデ

前を開ければ羽織りとしても活躍します。シックなブラックでブラウスの甘さを調整。

Soi-e 塩川さん
「今の季節にブラックは重たく感じるかもしれませんが、レースのブラウスを合わせると柔らかさが加わって、大人ナチュラルなスタイルを楽しめます。この合わせ方なら、レースなどの甘いアイテムが苦手な方にも着やすいかなと思います。このワンピースは前を開けて羽織りとして着ると、リネン生地の風合いよさ、柔らかさが際立って素敵なんですよ」


STYLE 03
ボーイズライクな
休日の公園スタイル

おへそあたりにある前ボタンを留めると、カシュクールにしたときとはまた違った印象に。

Soi-e 塩川さん
「公園や近所をお散歩するイメージで、元気な少年のようなコーディネートにしました。インナーには定番のボーダーTを持ってきて柄をチラ見せ。差し色にキャップよりも明るいトーンのブルーのボトムを選び、統一感は残しつつもポイントに。バッグはあえてブラックレザーのショルダーバッグなど、カチッとした素材感の物を合わせてみると少年っぽさの中に女性らしさをプラスできますよ」


STYLE 04
明るい色を着たくなる季節だから
あえてブラックをチョイス

合わせるインナーを選ばないのが3wayワンピースの魅力。主張のある刺しゅうのブラウスも格好よく着こなせます。

Soi-e 塩川さん
「夏は明るい色の服が増えてくるので、あえてブラックを楽しんでみても目を引いて素敵だなと思います。モノトーンのコーディネートは重くなりがちですが、カラフルな刺しゅうのブラウスと手織りリネンの柔らかな風合いのスカートなど、風合いの柔らかいものを選べば、シックな中にも可愛らしさを表現できるんです」


ベルギーリネンの3wayワンピース
ご購入はこちらから

「Soi-e」商品一覧

 

photo:Chiemi Nakajima hair & Make:Yoko Yoshikawa model:Kumi(jungle) edit & text:Kozue Minoura

 

Writer's Profile
Soi-e[ ソワ ]

優しさや心地よさを大切に、1本の糸を紡ぐことから始まった服作り。綿や麻などの天然素材と大人の女性に似合うディテールにこだわり、手仕事のぬくもりを感じさせる洋服を展開する。


おすすめアイテム

もっと見る