ブルーデイをハッピーに! 布ナプキンで体と心のケア[MADE IN EARTH. 前田けいこさん]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.05.29

まだ世の中にオーガニックコットンが知られていなかった1995年にブランドを立ち上げ、オーガニックコットンを使った布ナプキン(通称:布ナプ)などさまざまな製品を開発してきた「MADE IN EARTH.(メイド・イン・アース)」。


今回お話を伺ったブランドマネージャーの前田けいこさんは、布ナプ歴20年以上。
オーガニックコットンの布ナプを選ぶ理由や、長年布ナプを使ってみて感じている体や心の変化について語っていただきました。


お話は直営店「メイド・イン・アース 自由が丘」で。布ナプ以外にも、寝具や洋服、ベビーアイテムがずらり。


布ナプキンは
生理を忘れさせてくれる

Q
前田さんが布ナプを使っていてよかったことは何ですか?


前田さん:
布ナプを使って一番よかったのは「生理=嫌なもの、面倒なもの」という感覚がなくなったことですね。



前田さん:
私自身、若いころは薄着をしていたので体がとても冷えていて、出産も大変だったんですけど、布ナプを使うようになって、アロマのセラピストさんの施術を受けたときに「骨盤周りが温かいですね」と言ってもらえるくらい、冷えが劇的に改善できたんです。生理中のムレやかぶれもなくなりましたね。布ナプは下着と同じ生地感なので心地いいんです。快適すぎて、生理のときでもトイレに行ってはじめて「今生理だった」と思い出すくらい!


メイド・イン・アースの布ナプは、吸収材の代わりにパイル地のタオルを選択。防水シートが入っていないので、通気性があってムレにくいのが特徴。また、ふかふかとした厚みがあり、“下から守られている”と感じられるそう。


前田さん:
布ナプと出合うまでは紙ナプキンを使うのが当たり前でしたけど、化学繊維でできたものをデリケートな部分に当てているというのは、意識していなくても、素肌を通して脳がストレスを感じていたんだと思います。ストレスによって自律神経が乱れると生理痛になりますし、そういう不快感が減ったのは大きいですね。敏感になりやすい時期に、デリケートな場所を大切にすることで、生理中も自然体でいられるのが布ナプのいいところだと思います。


優しくて、強い生地
縫製まですべてがオーガニック

Q
今は布ナプもさまざまな種類がありますが、オーガニックコットンにこだわる理由を教えてください。


前田さん:
メイド・イン・アースでは、「肌がデリケートな方でも、安心して使えるものづくり」を目指しています。綿花の栽培がオーガニックであることはもちろん、綿花の加工や縫い糸もすべてオーガニックに徹底しています。


本来、中の種を守るための綿花は、自然のままで強い素材。薬品加工をしないで、その強さを活かしたものづくりをしています。


前田さん:
「オーガニックコットン」にもいろいろあって、製品になる最終工程までオーガニックかというと、そうでないものも多いんです。糸や生地にする工程で、薬品を使って防縮加工をしたり、脱脂したり、染色したり、ふつうのコットンと変わらない加工をしてしまっている場合もあります。

メイド・イン・アースでは薬品加工をしていない分、植物の力がそのまま。繊維が強いから耐久性があるのに、肌に優しいんです。布ナプの場合、きちんと洗濯すれば、ひとつ5~6年は持ちますよ。すべてオーガニックだと手間と技術もいるんですが、私たちのポリシーに賛同していただける国内の工場と一緒に、丁寧に作っています。


右は、お母さんが赤ちゃんのおむつを手づくりできるオーガニックコットンの生地と縫い糸。生地はもちろん、糸も「敏感な赤ちゃんの肌でもかぶれないように」とオリジナルで作っているもので、布ナプキンの縫製にも使われています。


昼用レギュラーホルダー替えパッドは、スーツのテーラーをしている工場でかがって始末。あえて縫い目を外側に出すことで経血が漏れるのを防ぎます。縫い目が肌に当たってもストレスにならないのは、縫い糸までオーガニックだから。


生理は女性の体にとって自然なこと

Q
布ナプは洗濯が必要だから、使っているのを家族に見られるのが恥ずかしくて、一歩踏み出せないのですが……。


前田さん:
生理について人と話す機会もふつうはないですし、布ナプに興味があっても、洗濯したり、干したりするのをご家族に見られるのが恥ずかしいという方もいらっしゃると思います。

例えばママが布ナプを使っていたとして、手洗いするときに血で染まっているのをお子さんが見たら、最初はびっくりするかもしれません。でもそのときに「お母さんは生理っていうのが毎月あってね」と教えてあげられたら、男の子でも女の子でも、自然に生理のことを知ることができますよね。



前田さん:
だんだん大きくなって学生になっても、お友達や、男の子なら彼女の調子が悪かったときに、からかったり、うろたえたりすることもなく、「生理は女性の体にとって自然なことだ」と思えるようになるのではと思います。

夫婦でも、浸け置き用の鍋が出ていれば、「奥さんは今生理が来ている」とわかるようになりますよね。それがサインになって、そのときは優しくしてもらうとか、夫婦の関係もスムーズになるのではと思います。聞けば、布ナプを旦那さんに洗ってもらう人もいるみたいですよ! パンツを洗う感覚で。そこまで行けたら、素晴らしいですよね。

この仕事をしていると、お客様の体の悩みを聞くこともよくあって、体のトラブルを人に話すことで楽になることがあると実感しています。布ナプは周りの人に体の悩みを話すきっかけになるのもいいところですね。


「生理=憂鬱」ではなく
“大切なもの”と思えるようになる


前田さん:
生理のこと、女性のからだのことを「人に言うことではない」と女性本人が思ってしまっている場合もあると思いますが、布ナプを使うことによって、自分も周りも生理は恥ずかしいものではなくて、“大切なもの”であるという意識に変わっていくといいですね。

私が生理であることを忘れてしまうくらい“憂鬱な気持ち”がなくなっているのも、布ナプを使うことで、生理はライフスタイルを見直す機会だと捉えられるようになったからかもしれません。


布ナプを洗濯するときに経血の様子を見ることになるので「今月の生理はこうだった。来月はもっと快適に生理を迎えられるようにしよう」と、自分の体の声をよく聞くようになったり、食生活の改善や運動を取り入れたり、“調子のいいサイクル”になるように考える機会になっています。

憂鬱なだけだった1週間から、気持ちの面でも明るく受け止められるようになることで、体や気持ち、自分自身の全体が整ってくるのかもしれませんね。

 

初心者さんが迷ったらコレ!
前田さんおすすめの布ナプセット3選


1全アイテムを一通り試したい方に

基本8点セット

「本格的にはじめてみたいけどどれを選べばいいかわからない、という場合は、全種類入ったセットを買って、ひとつずつ試してみては」


2まずは少ない日からチャレンジしたい方に

ライトセット

「まずは軽い日に試してみたい方に。リトル布ナプキン(中央)はおりものシートとして使ってもOK。生理じゃない日に、布ナプをつけたときの感覚を掴むのにもちょうどいいです」


3お家でもっとリラックスしたい方に

シフト5点セット

「夜用のロング布ナプキン(左)入り。お風呂上がり、寝る前の布ナプは最高に気持ちいいですよ。昼間の外出時に漏れが心配な方も、夜ならチャレンジしやすいと思います」

 

「MADE IN EARTH.(メイド・イン・アース)」商品一覧

 

photo:Mari Yoshioka text:Kozue Minoura

 

先着15名様限定!布ナプキンフェスタにご招待

6月5日(水)までにメイド・イン・アースの商品をご購入の方、先着15名様に「第6回 布ナプキンフェスタ」の特別ご招待券をプレゼントいたします。衣と食とカラダのケア方法や最新の布ナプキン情報をご紹介するトークや、布ナプキンを自分で作るワークショップ、ヨガ、マルシェなど楽しいイベントが盛りだくさんです!
※招待券がなくなり次第終了。ご招待券のプレゼントは、ご購入いただいた商品と同梱いたします。

※終了しました。



▼イベント概要
日時:2019年6月15日(土)10:00~18:00
会場:カーサタナ(自由が丘駅正面口から徒歩5分)
東京都目黒区自由が丘1-23-15
入場料:前売り ¥1,500/当日 ¥1,800/ご招待券をお持ちの方は無料
※ヨガ、ワークショップは別途有料

 

Writer's Profile
MADE IN EARTH.[メイド・イン・アース]

1995年に誕生した純オーガニックコットン製品の専門ブランド。純オーガニックコットンのある、ていねいな “四季”のくらしを提案しています。メイド・イン・アースが使用するコットンは、認証されたオーガニックコットン100%、生地や糸にする際も化学加工をせず、縫い糸、タグ、リボンテープなどもオーガニックコットン100%にし、製造時のエネルギーを再生可能エネルギーにすることで、私たちのライフスタイルの心地よさとともに、持続可能な社会づくりを目標にしています。http://www.made-in-earth.co.jp/


おすすめアイテム

もっと見る