知っているようで知らない、コーヒーの基本の「き」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.12.25

こんにちは。岩田リョウコと申します。クラリネではこれまで、『乙女のサウナ道』という連載で1年間、サウナの魅力について綴ってきました。そして今月からは、わたしの生活になくてはならない、もうひとつの愛してやまないモノ「コーヒー」について書いていきたいと思います。よろしくお願いします!

 

おいしいコーヒーは、いつも通りの時間をちょっとだけ素敵にしてくれるような気がします。起き抜けに飲めばスッキリとした1日の始まりに、午後に飲めばホッとした気持ちになったり。そして「コーヒーでも飲みに行かない?」と友達を誘えば、おしゃべりをしながら楽しいコーヒータイムに。

こんなふうに毎日何気なく飲んでいるコーヒーですが、意外と知らないことも多かったりします。今回は、知っているようで知らなかったコーヒーのあれこれをご紹介したいと思います。

 

コーヒー豆って一体なに?
その茶色い姿からは想像しにくいですが、コーヒー豆って実は果実の種なんです。コーヒーの木には白い綺麗な花が咲き、真っ赤な実がなります。

その実(コーヒーチェリー)を割ると薄緑の種が2粒出てきます。その種を高熱で焙煎することで、あの馴染みのある茶色いコーヒー豆になっていきます。種って普通は捨ててしまうものですが、こんなにおいしい種もあるんですね、ありがたい。

 

コーヒーとエスプレッソは同じじゃない?
「コーヒー」とひとまとめに言ってしまうことが多いのですが、実は「ドリップコーヒー」と「エスプレッソ」は別物なんです。カフェラテ、カプチーノ、カフェモカ、アメリカーノなどのドリンクは、すべてエスプレッソでできています。スターバックスなどのカフェへ行くと、「コーヒー」と「エスプレッソドリンク」が分けて表示されていますので、今度チェックしてみてください。
じゃあドリップコーヒーとエスプレッソって何が違うの?という話ですが、もちろん材料は同じコーヒー豆ですが、抽出の仕方がまったく違います。エスプレッソはマシンで圧力をかけ短時間で抽出するので、濃くて深いコクが出ます。クレマという綺麗な黄金色の泡の層ができるのも特徴です。ドリップコーヒーはフィルターを使ってお湯でゆっくり抽出します。ドリップの方法は、ペーパーフィルター、フレンチプレス、ネルドリップなどです。

ちなみに、よく「何が違うの?」と疑問を持たれることが多いのが、カフェオレとカフェラテ。カフェオレはドリップコーヒーとミルクを混ぜたもの、カフェラテはエスプレッソとミルクを混ぜたものです。同じコーヒー豆を使っていても異なった抽出方法で、違う味の飲み物ができるってやっぱりコーヒーは奥が深い……。


浅煎りと深煎り、味の違いは?
みなさんも自分好みのコーヒーの味があると思います。好みは大きく「浅煎り派」と「深煎り派」で分かれるのかもしれません。名前の通り、浅煎りは焙煎時間が短く、深煎りは長いわけですが、味はどんな風に違ってくるのかというところですよね。ステーキにも似ています。ミディアムレアで食べるかウェルダンで食べるかというのと同じような感覚です。

浅煎りは、先に説明したようにコーヒーは果実の種なので、コーヒー豆本来の味であるフルーツっぽい酸味が出てきます。そして深煎りで焙煎時間を長くすると、焼いているわけですから当然苦味が出てきます。焙煎はとっても繊細で綿密な作業で、1度の温度差で味が大きく変わってくるそうです。どうしても好きな味のコーヒーばかり飲んでしまいがちですが、その日の気分や天候によって浅煎り・深煎りを飲み分けてみるのもいいと思います。


最後は、わたしがよく聞かれることでコーヒーのためにも誤解を解いておきたいふたつのこと。


コーヒーには依存性があるって本当?
「コーヒーがなきゃやってられない!」って思うのはみな同じです(笑)。だからと言って、それが依存というわけではありません。どちらかというと「習慣」に近いのではないでしょうか。

コーヒーを毎日飲み続けている人が急にコーヒーをやめると、眠たくなったり頭が痛くなったりする場合もありますが、数日でおさまります。コーヒーにはカフェインが含まれているため、度を超えた量(1日50杯とか!)を飲んだりすると危険です。そんな無茶する人はリンネル・クラリネ読者さんにはいないと思いますが……ほどほどに楽しみましょう。


妊婦さんや授乳中はコーヒーを飲んじゃダメ?
もちろん一日中ガブ飲みというのは、残念ですがダメです。でも絶対に飲んではいけないというわけではありません。


米国産科婦人科学会は1日に200mgまでのカフェインなら摂取しても問題ないとしています。だいたいスタバのドリップコーヒー(トールサイズ)1杯分くらいです。1日一杯おいしいコーヒーが飲めたらホッと一息つけますし、今はカフェインレスコーヒーもおいしいものがたくさんあるので、コーヒー好きさんも妊娠・授乳期間を乗り越えやすいですね。


いかがでしたでしょうか。「いつもは深煎りだけど、今日は浅煎りをチョイスしてみよう」なんて思っていただけたら嬉しいです。今日もおいしいコーヒーと共に、みなさんの1日がちょっと素敵になりますように。

 

参考元:
HealthyPlace
米国産科婦人科学会

 

Writer's Profile
岩田リョウコ

‪ライター、コラムニスト、イラストレーター。コロラド大学大学院で日本語教育学を学び、2009年から外務省専門調査員としてシアトル日本国総領事館勤務。コーヒーのトリビアをイラストで紹介する『I Love Coffee』は月間訪問者数60万人のサイトに成長しアメリカで書籍化される。著書に『シアトル発ちょっとブラックなコーヒーの教科書』など。サウナ好きが高じてサウナ・スパ健康アドバイザー資格を取得。‬


おすすめアイテム

もっと見る