おうちコーヒー どう挽く?淹れる?

2019.03.07

こんにちは、おいしいコーヒー飲んでますか? 岩田リョウコです。

つい先日、初めてうちに遊びに来てくれたお友達にコーヒーを淹れました。お友達がじっとカップを見ながら静かに、おいしそうに飲んでくれている姿を見て、その日1日とても嬉しい気分になりました。誰かが淹れてくれるコーヒーも、誰かのために淹れるコーヒーも、どちらもちょっと幸せな気持ちになるものです。

さて、前回はおうちコーヒーを始めるにあたり、お手軽なコーヒー器具を紹介しました。今回はコーヒーを淹れる第一ステップである「コーヒーの挽き方」をご紹介します。使う器具と相性のいい豆の挽きでコーヒーを淹れることで、豆の味とその器具の良さが上手に引き出されます。

お店でコーヒー豆を買う時に挽いてもらうのもいいですが、やはりコーヒーを飲む直前に挽くと、より新鮮で香ばしいコーヒーが出来上がります。コーヒーを挽くためにはミル(またはグラインダー)が必要です。自動と手動のものがあります。自動はスピーディーに挽けますし、サイズの調整も楽です。手動は自分の手で回してゴリゴリやるので時間はかかりますが、その作業自体が癒しというか、わたしはコーヒーを淹れている時よりも好きだったりします。お好みです。値段はピンキリですが、3,000円〜4,000円程度のものがいいと思います。

ちなみにわたしの愛すべきミルはこちら。父親が若い頃使っていたカリタの手引きミルを受け継いで使っています。毎日これで挽いています。

では、コーヒーの挽きのサイズに入りましょう。サイズの大きい順から「粗挽き」→「中粗挽き」→「中挽き」→「細挽き」と大きく分けられます。それぞれの器具に合う挽きと淹れ方を見ていきましょう。1人分を淹れる際、お湯180mlに対してだいたいコーヒー豆10〜12gで淹れます。(好みもあるので分量は調整しながらで!)

 

まずフレンチプレスに相性がいいのは粗挽き。ザラメの様な大きさになるように挽いてください。

コーヒーは普通沸騰して少しおいた95度くらいのお湯を使うのが良いとされていますが、フレンチプレスだけは熱々の沸騰したお湯を使うのがポイントです。コーヒー粉をフレンチプレスに入れてお湯を半分までゆっくり注ぎます。ここでわたしは一度スプーンでぐるぐるとかき混ぜます。その後お湯を一番上まで入れ、そのまま4分蒸らします。最後にプランジャーをセットしてプレスします。シンプル且つテクニックいらずで初心者に優しいのがフレンチプレスです。

 

次は、ケメックス。ケメックスには中粗挽きがおすすめ。ザラメよりも少し小さいくらいです。

ケメックスは紹介しているお家コーヒー器具で一番くせ者のような気がしますが(笑)、その分攻略するのが楽しいです。まずペーパーフィルターをケメックスの形に合わせて折り、セットしたら湯通しです。フィルターをお湯で湿らせます。その後、コーヒー粉を平らになるように入れてください。そしてお湯です。最初はコーヒー粉が全体に湿る分だけ淹れたら30秒〜40秒、蒸らしてください。その後は一定のスピードでお湯を淹れ切ります。


お家コーヒーの王道、ペーパードリップ中挽きと相性がいいと思います。これはあら塩の結晶くらいの大きさを目安に挽いてください。

フィルターをセットしてコーヒー粉を入れたらお湯でコーヒー粉を全体的に湿らせてください。20〜30秒ほど蒸らします。それから中心で「の」の字を描く様に回しながらお湯を注ぎます。お湯の量が上がってきたら一旦止めます。お湯がドリッパーの1/3まで下がったらまたお湯を淹れます。これを全部で3,4回繰り返して抽出します。

 

最後はエアロプレス。エアロプレスは抽出時間が短いため、サッとお湯が通る細挽きが合います。細挽きは食卓塩くらい細かさになるように挽いてください。

まずペーパーフィルターを湿らせます。キャップにフィルターをセットしたらチャンバーに取り付け、カップの上に乗せます。コーヒー粉を入れたらお湯を①の目盛りまで注ぎます。付属のヘラで5回ぐるぐると混ぜましょう。それから次は④の目盛りまでお湯を注いでヘラで1回混ぜたら、力仕事です。プランジャーをセットして両手でグッとプレスしたらできあがり。

 

どれも毎日のルーティンにするのは簡単な器具ばかりです。それぞれにいい点があって、淹れ方も違うので、ひとつずつ試してみるのもいいかもしれません。美味しいコーヒーを自分のために淹れるのは、ゆっくりとした心落ち着く時間になりますし、家族、友達、恋人、好きな人のために淹れて、相手が喜んでくれたらコーヒーはより美味しくなります。そして淹れてもらえるのもやっぱり嬉しいですしね。おうちコーヒー、ぜひ楽しんで淹れてみてください。

 

Writer's Profile
岩田リョウコ

‪ライター、コラムニスト、イラストレーター。コロラド大学大学院で日本語教育学を学び、2009年から外務省専門調査員としてシアトル日本国総領事館勤務。コーヒーのトリビアをイラストで紹介する『I Love Coffee』は月間訪問者数60万人のサイトに成長しアメリカで書籍化される。著書に『シアトル発ちょっとブラックなコーヒーの教科書』など。サウナ好きが高じてサウナ・スパ健康アドバイザー資格を取得。‬


お知らせ
ナチュラン

毎日、季節の新作とコーディネート提案中。リンネル別注商品はこちらでご購入いただけます。