【ご予約会】機能×デザインの心地よさを纏って。LAITERIE×KAWADA DOWN ダウンコート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.09.26

ダウンコートといえばスポーティなイメージで、ナチュラルなファッションには似合わないのでは?と手に取ることが少なかったスタッフが一目ぼれした「LAITERIE(レイトリー)」のダウンコート。このたび、ご予約会を行うことになりました!


LAITERIE/KAWADA DOWN ダウンコート

表は風合いのいいコットン生地、裏はツヤを抑えたポリエステル生地を使ったリバーシブル仕様で着こなしの幅も広がるうえに、中身のダウンは「河田フェザー」のホワイトダックダウン。…なんと、ご自宅の洗濯機で洗えるんです!

素敵な見た目だけでなく、機能も充実したダウンは今年いちばんのお気に入りになりそう。本格的な冬を迎える前に手に入れて。


流行のブラウン系はカジュアルなコーディネートの仕上げに。ロングコートでも軽やか!「着ると空気を羽織っているみたいに軽いんですよ」と言うのは、モデルを務めてくださったレイトリーの姉妹ブランド「meri ja kuu」のデザイナー・渡辺梓さん。

※撮影はサンプルで行っておりますので実際のカラーとは異なります。詳細は商品ページをご確認ください。


コットン生地の表地にはキルティングがなく、淡い色でも着ぶくれして見えないのがうれしい! 衿なしで前を閉めてもすっきり。マフラーももたつかずに巻けますね。


腹定番のブラックもどこか柔らかい表情で、女性らしく着られます。ブラウンやグレーを合わせても重たくなりません。


リバーシブルで着られる2way仕様

表側の生地はしなやかで風合いのいいコットン生地、裏側はツヤを抑えたポリエステル生地。
キルティングの中にはたっぷりとダウンが入っているので軽いのにとっても暖かいんです。


袖を折り返してアクセントに

裏側の生地を見せるアレンジも楽しめるデザイン。着こなしに合わせて楽しんで。


裏返してキルティングコート風

ポリエステル生地を表にすると大人らしさがグッと増した印象に。色も違うので、まるでもう一着コートを持っているみたい!※写真はLIGHT BEIGEの裏面


「河田フェザー」の
清潔で機能的なホワイトダックダウン

中のダウンは、国産羽毛メーカー「河田フェザー」のホワイトダックダウンを使用しています。


河田フェザーは、1891年の創業から実に1世紀以上もの歴史をかけて、羽毛と向き合ってきた国内屈指の羽毛原料メーカー。
「KAWADA DOWN」は、河田フェザーで扱う、新毛100%のオリジナル羽毛ブランド。ダウンの品質の基準として、「暖かさ」「軽さ」に加え、「人や環境に対し安全で安心できる羽毛を提供すること」を第一に考えています。


河田フェザーが工場を構える三重県明和町は、一年を通して乾いた風が吹いている奇跡的な環境にあり、乾いた気候の中では、羽毛の羽枝や小羽枝が開いて目に見えないホコリまでも取り除くことができます。
また大台山系を源泉とする超軟水を大量に使用し、長年培った独自の技術が加わり、キレイな羽毛が精製できることによって、業界をけん引する最高品質のダウンを作り出しています。


家庭用洗濯機でお手入れOK
手軽に清潔を保って

汚れのない清潔なダウンは、羽枝(ダウンボールに密生した羽毛のようなもの)が広がり空気をたくさん蓄えられるので、暖かさは格別。その清潔さを長く保つために、レイトリーのダウンコートは家庭用洗濯機で簡単にお手入れできる仕様に。

お手入れ方法は商品ページ


レイトリーが大切にしてきたデザインや素材の風合いと、河田フェザーが生み出す最高品質ダウン。
デザインと機能が織りなす心地よさをぜひ味わってみてください。


「LAITERIE」KAWADA DOWNダウンコートご予約会

【1ヶ月限定販売】2019年9月26日(木)~10月24日(木)12:00まで
※お届けは10月末~11月上旬ごろの予定です。楽しみにお待ちください。

 

「LATIERIE」商品一覧

 

写真:吉岡真理(1~6、9枚目)、河田フェザーご提供(7、8枚目) 文:箕浦 梢

 

Writer's Profile
LAITERIE

「その人自身を表す方法のひとつになれるもの 装うたび、魅力を感じてゆくもの 心地いい自分になれるよう」をコンセプトにした服を作る。流行にとらわれず着た人のその人らしさが生きるデザインにはファンが多い。


おすすめアイテム

もっと見る