vol.4. もっと気軽に使っていい!〜ヒマラヤ精油のススメ(前篇)

2018.04.18

「年齢を重ねると、女の人はこころもからだも、いろいろありますよねぇ」。
フォトグラファー・大段まちこと、フリー編集者・井尾淳子、「お年ごろ」を迎える2人が「こころとからだ」を元気にする浄化スポットを訪ねます。

私の場合、疲れやストレスが溜まると、精油(アロマオイル)の瓶がやたらと増え始めます。しかし今ひとつ使いこなせず、いつまでも棚に並べたまま状態に……(涙)。お年ごろ女子なみなさんにも、そんなことはありませんか? 「精油を日常使いできないという方は、意外に多い」とは、vol.3.でもご登場いただいたセラピスト・佐藤まど香さん。ご自身のサロン「VEDA LANKA(ヴェーダ ランカ)」(東京・広尾)で使用しているという「ヒマラヤ精油Thousand Snow」について、その活用法を教えていただきました。

 

「精油=おしゃれに使うもの」という固定概念

大段 まど香さんのサロンで扱っている「ヒマラヤ精油Thousand Snow」を愛用しています。

井尾 大段さんは、ヒマラヤ精油をブレンドして作ったオリジナルのスプレーを常備していますよね〜。いつもいい香り。

大段 新幹線や飛行機に乗るときなどや、たくさんの人に会うときなど、気分を変えたいなと思うときに、いつも使えるように自分でつくったものをバッグにいれています。

佐藤 アロマは香水と違って、香りは長時間残らないですしね。

大段 少し前に飛行機に乗ったのだけれど、降りるときに 担当のCA さんが、「お客様からの香 りがとてもいい香りでした」といわれましたよ。香りは好き嫌いがあったりして、気を使うこともあるのですが、ヒマラヤ精油は自然なものなのでとても使い易いです。

井尾 さすがCAさんは敏感ですね! 私もヒマラヤ精油の香りは大好きなので、何種類か持ってはいるんですけど、お風呂に入れるくらいしか思いつかなくて……。

佐藤 そういう方は意外と多いんですよ。「精油=素敵に使うもの」という刷り込みが、みなさんのハードルを高くしているのかもしれません。優雅なリラックスタイムに、お茶を飲みながらアロマを焚いて……的なイメージがありますけども、そんな時間がないからこそ、精油をもっとカジュアルに使っていただきたいなと。

井尾 そもそも、時間や気持ちに余裕がある人には、とくに精油って必要ないような(笑)。

 

otoshigoro04_01

「VEDA LANKA(ヴェーダ ランカ)」(東京・広尾)のセラピスト・佐藤まど香さん。アーユルヴェーダと、インド占星術・インドタロットを組み合わせたセッションはお年ごろ女子に大人気(詳しくはプロフィール参照)。

 

高品質な精油なら、ずぼらに使って大丈夫!

佐藤 精油ってもっとずぼらに、気楽に使っていいんですよ。言い方はなんですが……。

井尾 いやでも、ずぼらな私はずぼらに使いたいです(笑)。

佐藤 でもそこで重要になってくるのが、「ずぼらに使いたい人ほど、質のいい精油を選ぶ」という点なんです。

大段 ほほー。なぜですか?

佐藤 質の低い精油は酸化が早く、香りが一瞬で変化してしまうからです。肌につける場合、キャリアオイルで希釈していたとしても、皮脂と合わさることで酸化が進みます。すると、精油によっては加齢臭のような匂いを発することも……。以前、築地の職人の方から「素人ほどいい素材を使え」というお話を聞いたのですが、それと同じですね。どう料理しても美味しくなるくらい、いい素材を使わないと、「料理そのものが嫌いになってしまう」と。

井尾 「美味しくできたのは、このいい調味料のおかげ!」だったとしても、出来が良ければ次も作ろう!というモチベーションにつながりますよね。

大段 そういう意味でも、「ヒマラヤ精油Thousand Snow」はおすすめということなんですね。

佐藤 そうですね。純度の高い精油というのは、膨大な量の植物を蒸留して製造されます。私がサロンで使用しているものはヒマラヤ山岳民族の手作業で収穫された野生植物から作られているので、通常の精油だと10滴使うところ、たった1滴で充分なほど高純度です。

 

otoshigoro04_02

ヒマラヤ原生林に自生している植物から抽出される「Thousand Snow from Himalaya」。「野生種保護の認証を受けたエッセンシャルオイルで、シャクナゲ、ヨモギ、ヒマラヤモミ、ビャクシンの針葉、カンショウなど、世界でも珍しい精油です」(まど香さん)。お金儲けを目的とした大量生産とは一線を画し、森林を豊かにしながら、地元住民の生活を支援するプロジェクトでもあるのだとか。

 

精油はケチらずに使うのがコツ

井尾 ちなみにまど香さんは、普段、このヒマラヤ精油をどんな風に活用されているんですか?

佐藤 小2の息子がいるのですが、「風邪で熱を出す前触れ」……という夜になると、寝ている時に必ずうなされるんです。そういう時は、枕の裏側(直接肌に触れない部分)に精油を1〜2滴たらすと、一瞬で深い寝息に変わります。あとはインフルエンザが流行るシーズンには、予防として子どもの肌着に数滴垂らすこともありますね。

大段 へぇ〜〜! 

佐藤 体内にウィルスが入ってきた時は、しっかり眠ることができれば自己免疫力で熱と戦えるんですよね。でも眠りが浅いとそのまま持ち越して、発熱してしまうようです。

井尾 そういう場合に使う種類とは?

佐藤 おすすめは「カンショウ」(ヒマラヤの高度3000メートル以上の高山のみに成育するハーブ)という精油ですが、私の場合はその日のインスピレーションでブレンドすることも多いです。というのは、ヒマラヤ精油Thousand Snowの商品に限っては、どの種類のものを合わせても、ちゃんと調和するので。オリジナルでブレンドしても、失敗がないんです。

大段 私も、冒頭でお話したヒマラヤ精油で作るスプレーは、その時にピンときたものでブレンドしていますよ。

佐藤 そうそう。それでOKです。多少時間がかかることはありますが、最終的には香り同士が譲りあって落ち着くので、どんどんブレンドしていいんですよ。

井尾 そうか〜。「精油だから!」とあまり構えすぎずに、いろいろ使って試してみればいいんですね。

佐藤 その通り。精油を気軽に普段使いするポイントは、「きちんと使わなきゃ」という固定概念にとらわれすぎないということ。そして「もったいない」と思わずに、どんどん使うことです。

 

普段使いに最適!

ヒマラヤ精油の万能ブレンド!

そして、まど香先生伝授による、「普段使いしやすいヒマラヤ精油のブレンド2種」がこちら!

otoshigoro04_03

ブレンド1:オーラアップ

なんとなく「気」が重たく感じる時、ネガティブなモードの時。空気を浄化して気をアップさせるブレンド。ブレンドに使用されているのは、「シャクナゲ15滴」「シトロネラ15滴」「レモングラス2滴」「和ハッカ2滴」「ヨモギ5滴」の5種。

 

ブレンド2:保護

気・体の巡り、空気の循環、虫除けのブレンド。ブレンドに使用されているのは、「シトロネラ5滴」「レモングラス2滴」「和ハッカ4滴」の3種。

 

佐藤 その都度ブレンドオイルを作るよりも、あらかじめ作っておいて、用途に合わせて使う方が使いやすいのでおすすめですよ。

井尾 そうか、精油ブレンドも「つくりおき」しておけばいいんですね!

佐藤 この2種は、浄化力が強い万能ブレンド。ヒマラヤ精油Thousand Snowの中でも安価な精油でブレンドしているので、使いやすいと思います。わが家では、来客時にルームスプレーとして愛用しているのが「ブレンド2:保護」で、来客時は玄関などにガンガン使っています。

 

【オリジナルスプレーの作り方】

1. 水27mlに対して、3mlのエタノール液(ドラッグストア等で購入可能)を混ぜます。この時の割合は、9(水)対1(エタノール)を目安に。

2. 1にヒマラヤ精油を入れます。ブレンドする種類の数に決まりはありませんが、約30mlのスプレーに対して、およそ10〜15滴までを目安にしましょう。

 

*アルコールと精油の成分でスプレーボトルが溶けてしまうことがあります。スプレーボトルは精油対応のものがおすすめです(ハーブやアロマの専門店で購入可能)。

 

井尾 つくってみたいです!

大段 2種それぞれ、ルームスプレー以外の使い方も知りたいです! 

 

普段使いのさまざまなアイディアについては、後編に続きます。お楽しみに!

 

*敏感肌、アレルギーがある方は、必ず使用前にパッチテストを行ってください。

*精油は有効成分を高濃度に含んでいるので、使用する際は直接肌につけず、希釈してください。

*3歳未満のお子様に使用する場合は、芳香浴のみとしてください。3歳以上のお子様に使用する場合は、大人の使用量の二分の一から始めて、濃度は1%を上限としてください。

*妊娠中、持病、既往症のある方は、かかりつけの医師にご相談の上、ご使用ください。


▼Profile
大段まちこ
フォトグラファー。かわいいもの、雑貨、ファッションなどをテーマに女性誌やライフスタイル誌で活躍。
井尾淳子
フリー編集者。子育て雑誌の編集経験を経て、現在は書籍、Webコンテンツなどの編集、執筆を中心に活動。

 

Writer's Profile
佐藤 まど香

アーユルヴェーダセラピスト、サロン「VEDA LANKA」(東京・広尾)オーナー。アーユルヴェーダのセラピストとして活動するなか、占術家・岩崎由岐子氏のもと、インド占星術、インドのタロットカード「ラーマーヤナガンジーファ」を学ぶ。体の調整をするアーユルヴェーダと、インド占星術・インドタロットを組み合わせたセッションが、口コミで広がり注目を集めている。
「ラーマーヤナカード」の講座、ヒマラヤ山岳民族の手摘みによって収穫された「ヒマラヤ精油を用いたヘッド&フェイシャルマッサージ」も。
http://vedalanka.weebly.com


お知らせ
ナチュラン

毎日、季節の新作とコーディネート提案中。リンネル別注商品はこちらでご購入いただけます。