vol.4. もっと気軽に使っていい!〜ヒマラヤ精油のススメ(後篇)

2018.05.02

「年齢を重ねると、女の人はこころもからだも、いろいろありますよねぇ」。
フォトグラファー・大段まちこと、フリー編集者・井尾淳子、「お年ごろ」を迎える2人が「こころとからだ」を元気にする浄化スポットを訪ねます。

「VEDA LANKA(ヴェーダ ランカ)」(東京・広尾)のセラピスト・佐藤まど香さんと、精油の普段使いや活用法について語り合った前回。そこで出たのは、「精油=おしゃれなもの、と構える必要なし!」という結論に。「わが家の使い方をどんどん紹介していきますね!」(まど香さん)いうことで、後篇はさらに具体的に、暮らしの中での便利な活用法を教えていただきました! 

 

まずは前回のおさらいを簡単に!

otoshigoro05_01

ヒマラヤ原生林に自生している植物から抽出される「ヒマラヤ精油Thousand Snow」で、それぞれのブレンドを作っておくと、暮らしの中で様々な応用が出来て便利!(前編参照) 上記は、まど香さんのサロンでも使用されている高純度な精油です。

 

早速実践!〜ハウスキーピング編

佐藤 では、実際の使い方をご紹介しますね!

大段 お願いします!

佐藤 「ブレンド1:オーラアップ」はスプレーにして、トイレの床掃除に。自宅とサロンを兼ねているので、家族以外も使用することから、「気」が落ちないように、マメにスプレーしています。窓のないトイレの空間の掃除にもおすすめですよ。

井尾 わが家も窓がないので、やってみます。

 

otoshigoro05_02

ブレンド1は、重曹と合わせて床掃除に使うのもおすすめだそう。

 

佐藤 「ブレンド2:保護」は、液体せっけんと混ぜて、“香りソープ”を作り置きし、「リタ」と「ニーム」というハーブ(ともにネットショップで購入可能)を混ぜて作った石鹸水を食器洗い洗剤として活用しています。「リタ」には油汚れを落とす乳化作用が、「ニーム」には殺菌と消臭作用があるんですよ。

 

それぞれの作り方は以下の通り。

香りソープの作り方…液体せっけん(100ml)に、ブレンド2の原液を8滴くらい混ぜる。

食器洗い用洗剤の作り方…香りソープ(大さじ1)、水、リタ(各大さじ2)、ニーム(少々)を混ぜる。

ボディソープの作り方…香りソープと水を5:5の割合で混ぜ、泡ポンプ用の容器に入れる。

ハンドソープの作り方…香りソープと水を7:3の割合で混ぜ、泡ポンプ用の容器に入れる。

 

otoshigoro05_03

食器洗い洗剤の材料をすべて混ぜると、こんな感じに。

 

佐藤 この香りソープをつくっておけば、いろいろ応用できるので便利ですよ。

井尾 すべて天然の原料ながら、食器もしっかり洗えていますね。さらに精油の浄化力もプラスされているという。

大段 ハウスキーピング系では、ほかにもありますか?

佐藤 あとは、ブレンド2の原液を掃除機のゴミパックの中に数滴垂らしたり、洗濯機のすすぎの時に1〜2滴垂らしたり。洗濯物がとてもいい香りになりますよ。乾燥するシーズンは、加湿機に垂らすこともありますね。

 

早速実践!〜ボディケア編

佐藤 次は、ボディケアの使い方。簡単に、誰でもすぐ取り入れることができますよ。

 

otoshigoro05_04

「ブレンド1:オーラアップ」のブレンドを数滴入れて、足湯に。浄化力が高いので、殺菌作用があるそう。冷え予防のほか、代謝を上げて免疫力をつける、ホルモンバランスを整える、水虫予防などにも。

 

otoshigoro05_05

「お手持ちのキャリアオイルと合わせて。保湿効果のほか、呼吸を穏やかにしたり、消化を促す効果も期待できます」(まど香さん)

 

otoshigoro05_06

「ヘナをお湯に溶いた時にブレンドオイルを1〜2滴垂らすと、ヘナの香りが落ち着くので愛用しています」(まど香さん)。疲れが溜まっている時は、「ヒマラヤモミ」「カンショウ」を加えるのもおすすめだそう。

 

佐藤 以下は、ご紹介した2種ブレンドではありませんが、私が愛用しているシンプルブレンド。普段使いしやすいものを紹介しますね。

大段 ありがとうございます。毎日の暮らしの中での簡単な使い方を知っているとうれしいです。

 

otoshigoro05_07

「スキンケアにおすすめの“パルマローザ”、女性ホルモンのバランスを整えると言われる“ヨモギ”を数滴落としてブラッシング。香りの効果はもちろん、頭皮のマッサージにもなります」(まど香さん)

 

otoshigoro05_08

「ポイントは、直接肌に触れないように、マスクの表側にごくごく少量を使うこと。抗菌作用のある“和ハッカ”“レモングラス”がおすすめ。外出時、インフルエンザや花粉症対策、満員電車のストレスにも効果的です」(まど香さん)

 

otoshigoro05_09

「婦人科系の守り神といわれる“ヨモギ”の精油には、女性ホルモンのバランスを整えるなど、婦人科系のケアにおすすめです。このヨモギの精油とローズウォーターでつくったスプレーを、ショーツなどのアンダーウェアに2〜3プッシュ。外出時のトイレの消臭にも使えますよ」(まど香さん)。

 

サロンでは、企業秘密のブレンドオイルも!

大段 良い精油があると、こんなに使用用途は広がるんですね〜。

井尾 今まで知らなくて、もったいなかったなぁと思いました。ハーブの種類や効能については、以前まど香先生にいただいた冊子を読んではいたんですけど。

大段 おぉっ。私もこれ欲しいです!

otoshigoro05_10

まど香さんのサロン「VEDA LANKA」で施術を受けた人で、希望者に配布しているハーブの効能をまとめた冊子。「読み込んだので、かなり年季が入っています!」(井尾)
*数に限りがあります。

 

佐藤 サロンの施術では、その方の状態に合わせた精油をオリジナルでブレンドして使用していますので、ご興味のある方はぜひ。

2人 えーっ! 気になる! 

 

サロンで体験できるスーパーブレンドについては、「精油の種類と配合は企業秘密(笑)」とのこと。気になる方はぜひ、「VEDA LANKA」で体験してください!

 

*敏感肌、アレルギーがある方は、必ず使用前にパッチテストを行ってください。

*精油は有効成分を高濃度に含んでいるので、使用する際は直接肌につけず、希釈してください。

*3歳未満のお子様に使用する場合は、芳香浴のみとしてください。3歳以上のお子様に使用する場合は、大人の使用量の二分の一から始めて、濃度は1%を上限としてください。

*妊娠中、持病、既往症のある方は、かかりつけの医師にご相談の上、ご使用ください。


▼Profile
大段まちこ
フォトグラファー。かわいいもの、雑貨、ファッションなどをテーマに女性誌やライフスタイル誌で活躍。
井尾淳子
フリー編集者。子育て雑誌の編集経験を経て、現在は書籍、Webコンテンツなどの編集、執筆を中心に活動。

 

Writer's Profile
佐藤 まど香

アーユルヴェーダセラピスト、サロン「VEDA LANKA」(東京・広尾)オーナー。アーユルヴェーダのセラピストとして活動するなか、占術家・岩崎由岐子氏のもと、インド占星術、インドのタロットカード「ラーマーヤナガンジーファ」を学ぶ。体の調整をするアーユルヴェーダと、インド占星術・インドタロットを組み合わせたセッションが、口コミで広がり注目を集めている。
「ラーマーヤナカード」の講座、ヒマラヤ山岳民族の手摘みによって収穫された「ヒマラヤ精油を用いたヘッド&フェイシャルマッサージ」も。
http://vedalanka.weebly.com


お知らせ
ナチュラン

毎日、季節の新作とコーディネート提案中。リンネル別注商品はこちらでご購入いただけます。