vol.26 2019年後半の星読みガイド ~12星座別・乗り越えポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.09.30

「年齢を重ねると、女の人はこころもからだも、いろいろありますよねぇ」。
フォトグラファー・大段まちこと、フリー編集者・井尾淳子、「お年ごろ」を迎える2人が「こころとからだ」を元気にする浄化スポットを訪ねます。

星読み開運ガイド・深井香織さんに、2019年後半からの運気、星まわりを聞いた前回。続きの今回は、12星座すべてのポイントをお送りします! ご自身の星座、気になる星座はぜひ、スクショ保存で!(笑)


2019年後半からのラッキーアイテム……和菓子。「生菓子でも干菓子でも◎。あんこ、お餅などの和菓子がおすすめです」(深井さん)


牡羊座は「行動あるのみ!」

井尾 前回、全体の星読みがわかったところで、次は個別の星座について、ですね。

大段 よろしくお願いします〜。

深井 はい。では早速。トップバッターは、大段さんの星座でもある牡羊座ですね。牡羊座の人は、世間がどうであれ、とにかく「自分の欲求に忠実に従って!」っていう感じです。
プラス、プレッシャーから逃げないで、今までやったことがないことにも挑戦してみて。

大段 なんと〜。

深井 前回も少しお伝えしましたが、理屈じゃなくて、「これがやりたくなっちゃった」っていうことを大事にしてもらいたいので。あまり考えずにやっちゃってください。

大段 たしかに、考えずにやってますね。

井尾 さすが、星の先を行ってる!

深井 もともと考えすぎずに行動できるタイプではあるんですが、まわりの空気に押される時もあるじゃないですか。「実際は難しいのかな……」とか。

大段 あるある。もちろんあります。

深井 それをあまり気にしない。理想に向かって、ますます自分の行動をはっきり示していくのが大事になっていきますよ。

大段 はい。とっても参考になりました。


2019年後半からのラッキーアイテム……「洋」の食べ物でいうと、シリアル、グラハムクラッカーなど。「ケッパーがのっている、スモークサーモンもおすすめです」(深井さん)


牡牛座は「変化を恐れない」
双子座は「感情に注目」

井尾 次は牡牛座ですね。

深井 牡牛座はもともと、「変化が苦手」なところがあるんですけど。2019年後半からは変革期に入るので、ゆっくりとでも変わらざるを得ない雰囲気になっていきます。でも変化を怖がらずに。そこを意識してもらいたいですね。人の好意や助けは素直に受け入れて、自分の肌感覚を信じることも大切です。

大段 焦って変わろうとしなくてもいい、と?

深井 そうですね。あと、一人で抱え込まない。誰かの協力があって変われることってたくさんあるので、ヘルプを求めましょう。

井尾 そこ、結構大事ポイントですね。変化が怖い時、一人でガマンしないっていう。

3人 うんうん(大きく頷く)。

深井 次の双子座は、普段よりも感情が出てくると思います。双子座って、もともとあまり感情的に動かないタイプなんですね。

大段 わかりますー。ちょっとクールなイメージですよね。

深井 そう、思考優位なタイプが多い。合理的に考えてやめるとか、ダサいからやらないとかで行動を決めがちなんですよ。……なんだけど、これからは感情が湧き出してくることが多いので、あえてそれを抑えないこと。

井尾 いつもの自分とは違うけど、それもOKだよってことですね。

大段 いいメッセージですね、とっても。

深井 双子座って、無意識にシュッとしてるっていうか。でも今期はきれいにまとめすぎないで、情報ではなく、自分の気持ちを感じてみてください。


2019年後半からのラッキーアイテム……馬蹄のモチーフのもの。「エルメスの小物、アクセサリーなどもいいですね」(深井さん)。写真は大段さんの私物のエルメスのカップ。


蟹座は「やり直しからの学び」
獅子座は「思いのままに」

深井 蟹座のテーマは「やり直し」。たとえば、今までのやり方を手放してガラリと変えるとか、生き方をもう一回考えるとか。人との付き合い方、日常の過ごし方なども含めて、です。

井尾 ちょっとしんどい時期……だったりしますか?

大段 それはなぜですか?

深井 星まわりのせいだけではなくて、ドラゴンヘッド(太陽と月の軌道が交わる部分)が入るからなんです。人とのご縁や関係性を表す交点なんですけども。ちょっと専門的な話ですが、このドラゴンヘッドと、「冥王星や土星の対立」など、蟹座の星まわりはフクザツな時期なんですね。なのでご縁の強制終了とか、人間関係の変化や移り変わり……というとネガティブに聞こえるかもしれないですが、悪縁や腐れ縁が切れるなど、「結果ポジティブになる」という意味合いも含んでいます。

大段 なるほど……。人間関係にスポットが当たってるんですね、蟹座は。

深井 そうですね。蟹座は「感情」の星座なので。人間関係って、感情が揺さぶられることが多いじゃないですか。だから蟹座は、見直したり、考え直したりせざるをえないことがあるかもしれません。でもそこから学ぶことは大きいですよ。ご縁やつながりを切ったことで、「私ってこうなんだな」「こういうことがしたいんだな」ってわかるとか。人間関係だけじゃなく、日々の習慣なども見直す時期かもしれませんね。

井尾 もがいた分、ご褒美も大きそうです!

深井 獅子座は今期、とにかく元気が出てくるシーズンなので、自分らしくがんばれる時です。自分らしい個性や表現を大切にしてほしいですね。

大段 家族にも獅子座がいますが、元気です。たしかに。

深井 リーダーシップがテーマの星座ですが、仕切ってもいいし、「もう変えたい」「もう違う」と思ったら、スパッと行動して吉です。自由のびのびできる時期なので、抑えずに。「壊したいものがあれば壊しちゃえ!」と。獅子座は、一段高いところからものを見る「経営者視点」があるので、怖がらないでほしいですね。そして自分らしさを発揮するための軌道修正とか、再調整みたいなことも起こりそうです。

井尾 まさに破壊するからこその再生、ですね。


2019年後半からのラッキーアイテム……染め物。「藍染めなど、伝統的なものだとなお◎。着物もGOODです!」(深井さん)


乙女座は「他人のビジョンを借りる」
天秤座は「好きのチカラ」

深井 で、乙女座も、やりたいことはやってほしいんですけど。ただ乙女座も「一人でやろうとする人たち」なんですよ。それも有能な秘書タイプなので、完璧にできちゃう。でもこの後半からは、「人の視点を借りる」「人の意見を聞く」というスタンスが大事。なるべく自分の器を拡げていくように、自分だけでは気づかないところに意識をおいてみて。

大段 乙女座のテーマは「パートナーシップ」なんですね。

深井 ビジネスパートナーでも、同じことが言えますね。自分とは違うビジョンを取り入れよう、というところです。乙女座含め、ここから結構、がんばってほしい星座が続きますよ。

井尾 マジですか! 私、次の天秤座ですが〜。

深井 後半、天秤座はいい時期になるんですよ。発信力が高まって、人間関係もにぎやかになっていくので。世の中の現実的なムードにも、あまり引っ張られないかもしれないですね。

井尾 よかった(笑)。

深井 強いて言うなら、人間関係とか、人の意見を尊重しすぎないことでしょうか。困った時は自分が心地いい方に向けての発信、人間関係作りをがんばりましょう。あと「これ好きだな、可愛いな」という感性みたいなもの。「好き」のチカラを信じて。

井尾 了解です!


2019年後半からのラッキースポット……写真は、深井さんの私物のパワーストーンブレスレット。「パワーストーンも“地”のイメージのもの、古くからあるものを身に着けて。オニキスやスモーキークォーツなどがおすすめです」(深井さん)


蠍座は「開かれる時期」
射手座は「ラストスパート!」
山羊座は「内側を引っ張り出して」

井尾 さてどんどんいきましょう。次は、蠍座ですね。

深井 はい。蠍座は今期、自由になる感じです。前回お伝えしたように、蠍座には火星も入ってくるので、やる気も出ます。あとはこれまで縛られていた関係、支配されていたような場所からの脱出。

大段 ほほー。風通しのいい感じですね。

深井 今まで煮詰まっていたところが開けていくような、やる気も盛り返していく時なので。プラス「好奇心のアンテナを大切に」。

井尾 12星座後半生まれのグループですもんね。火星の影響で元気になるチーム(詳しくは前回を参照ください!)。

深井 はい。なので、いつもの自分とは違うノリ、感じだなと思ったとしてもそれでいいです。「なんかちょっと、私はっちゃけてない?」と思っても、それを通しちゃってOKですから。……蠍座はあまり、はっちゃけないですけどね。私、蠍座なんですよ。今、自分に向けて言っちゃいました(笑)。

井尾 次は射手座です。

深井 射手座は、やりたいことを全部やってもらいたいんですよね。木星が山羊座に移る前のラストスパートなので、年末まで突っ走ってほしい。

大段 やり残しがなきように、ですね。

深井 イケイケシーズンなので、ぜひやりたいことはガマンしなくていいし、後回しにする必要もなし。星のサポートがいただける流れなので、やらないのはもったいないです。やってみたいことがあれば、2019年中に種を蒔くように手をだしちゃってください。

大段 では、次は山羊座ですね。木星が入るラッキー星座。

深井 ですね! 山羊座の人は、これまで長く「義務」「責任」の土星期が続いていたので、重苦しさのなかにふわっと軽さが加わるような、明るい兆しが感じられるはず。

井尾 何か、新しいことはじめるのもよし?

深井 いいと思います。山羊座は普段、自分らしさをあまり追求しないタイプではあるんですよ。なので今期は、「自分の内側」を引っ張り出してくるような、外側よりも内側を大事にする時期にしてほしいなと。


2019年後半からのラッキーアイテム……中にお香が入った匂い袋。「伝統があるものは開運アイテム。香りを放つものは、お守りに代わりにもなります」(深井さん)写真のお香は、サントリー美術館で買ったという深井さんの私物。


水瓶座は「妄想をカタチに!」
魚座は「脱!優等生」

深井 そして水瓶座。水瓶座も、新しいものに触れる時期になっていきますね。もしやりたいことがあれば、世間体や常識は脇に置いて、今までやったことがなかった、新しいやり方を選ぶことを推奨します。そして、躊躇しないこと。

井尾 私、月星座(出生時に月が位置していた星座)が水瓶座なんですけど、水瓶座は12星座イチ変わってるらしいですね(笑)。

深井 そう、水瓶座は人間というより、宇宙人っぽいんですよ。イオさんは水瓶座の性質も強くて、現実離れ傾向があるというか……(笑)。

井尾 たしかに、現実的なことを考えるのが不得意です(笑)。

深井 なのでクリエイティブだけじゃなくて、実質的なことを形にすることができれば、いちばんいいパターンですよね。だから水瓶座のテーマは、「妄想をカタチにしてみよう!」ですかね。
マネでもいいので、そのスキルや技術をどこかから引っ張ってきていいんです。アイデアだけは自分のものであれば。

井尾 いいこと聞きました。実質的な人のマネをしてみよう。

深井 おすすめですよ。

大段 そして、ラストの魚座ですね。

深井 魚座は、何かが一つ完了したり、新しい気持ちに切り替わるようなタイミングです。ただ、魚座もまた現実的じゃない人が多くて(笑)。

2人 ほほー。

深井 要は、真面目になりすぎなくていいってことですね。たとえば、「世渡り上手」ってちょっとずるいイメージがあるかもしれませんが、今期はあまりそこを気にしないでほしい。魚座は優しいので、まわりが思うほどずるくも悪くもないのに、「これでいいのかしら」って悩みがちなので。あと周りの人を見て、「みんなもっと、適当にやってるんだな」って感じたら、それでもいいんだっていう感覚を持つこと。

大段 思い込みに流されなくていい、ということですね。

深井 ですね! ……これで全12星座すべてですね。

井尾 はい、ありがとうございました!

大段 本当に、参考になりました〜。


どの星座にも「らしさ」が込められていた、深井さんの星読みストーリー。インタビューはたっぷりの聞き応えでしたが、詳しくお伝えしきれずで残念……(もっと詳しく知りたい方は、ぜひ深井さんのセッションを!)。
2019年後半も、2020年もその先も、お年ごろ女子の日々が充実したものでありますように。

 


▼Profile

大段まちこ
フォトグラファー。かわいいもの、雑貨、ファッションなどをテーマに女性誌やライフスタイル誌で活躍。
井尾淳子
フリー編集者。子育て雑誌の編集経験を経て、現在は書籍、Webコンテンツなどの編集、執筆を中心に活動。

 

Writer's Profile
深井 香織

占星術カウンセリングを中心に行う、星読み開運ガイド。一般企業のOL、ヨガインストラクターを経て、ハーブやアロマテラピーの資格を取得し、占星術の勉強を始める。東日本大震災、自身の病気などをキッカケに占星術師に転身。現在は、占星術を使ったカウンセリング、セッションのほか、ハーブ占星術講座や占星術をもとにした開運法講座を全国で開催中。年間300人ものクライアントは日本全国、海外にも及ぶ 。https://hoshiyomikaiun.com/
https://twitter.com/hoshiyomikaiun


おすすめアイテム

もっと見る