漆器のよさを噛みしめる。和食器を使う暮らし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.11.07

「最近、カラフルな洋食器よりも和食器に心がときめく」。
そんな気分にぴったりの「漆器」をご紹介します。自然の塗料や素材を使用していることから風合いがよく、軽くて丈夫。使うごとに艶や味わいが出てくるので、経年変化を楽しみながら一緒に時間を重ねられるのが魅力です。


気負わず使いたい和モダンな豆皿

1108_01

猪狩史幸 漆器/豆皿<箱入り> ¥5,076

漆の材料であるうるしを採る「漆掻き」であり、作家としても活動している猪狩史幸さんの作品です。下塗りをせず赤や黒などの顔料も加えず、漆そのままを塗り重ねることで木目が透けて、まるで呼吸しているような透明感のある漆器に。モダンな豆皿は、和食だけでなくワインのある食卓にも似合いそうです。


毎日の食卓に漆器のお椀を

1108_02

猪狩史幸 漆器/正法寺椀 中<箱入り> ¥11,232

こちらは、スタンダードなお椀。極シンプルながら趣のある佇まいが素敵です。男性でも女性でも使える、程よいサイズ感。手で触れたとき、口をつけたときの感覚が、柔らかくてどこかあたたかです。独特のぬくもりは、心を込めて塗り上げられた作品ならでは。毎日使う自分や家族の汁椀として、長く愛したい逸品です。


1108_03


漆器と聞くと、高価なだけに「大切にしまっておいてお正月にだけ引っぱり出してくる」イメージ。しかし、本来の漆器は、手に触れて日々使ってこそ艶が出て趣が増します。先人の知恵がいっぱい詰まった和食器、気負わずにお付き合いしてみてください♪

猪狩史幸商品一覧
テーブルウェア商品一覧

 


おすすめアイテム

もっと見る

すべてのコンテンツ

  • トップ
  • クラリネのお買いもの
  • 新商品
  • 再入荷
  • リンネル別注
  • リンネル掲載
  • ファッション
  • ファッション雑貨
  • アクセサリー
  • キッズ&ベビー
  • テーブルウェア
  • キッチンウェア
  • インナー
  • インテリア雑貨
  • 日用品
  • ファブリック
  • フード
  • ステーショナリー
  • ヴィンテージ
  • おくりもの
  • ブランド・作家
  • クラリネの読みもの
  • コラム
  • 特集
  • お知らせ
  • 月別アーカイブ
  • Facebook
  • Instagram