梅雨のお悩みを解決する、頼れるシューズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.06.04

雨の多い季節になると、悩ましいのがシューズ選び。
「レインシューズって、なかなかおしゃれなものがない!」「雨の日だけの靴を買うのはもったいなくて」。
そんな悩みをさらりと解決してくれる、デイリー使いができて雨靴としても優秀、それでいてデザインもいいシューズをご紹介します。
靴が決まっていれば、お出かけの準備はスムーズ。雨の日もストレスフリーでお出かけください♪


雨に負けない、元祖サイドゴアブーツ

Blundstone/LOW-CUT

最近じわじわと人気を集める「ブランドストーン」は、オーストラリアのタスマニア島で誕生し、サイドゴアブーツの元祖として世界中で支持されているシューズブランドです。
レザーシューズといっても軽量で、スニーカーのような軽やかなはき心地。
雨靴としても優秀で、アッパーには撥水レザーが使われ、靴底は水が侵入しにくい構造をしています。
こちらの「LOW-CUT」は丈が短く、スリッポン感覚で気軽にはける1足。通年はけて、装いを選ばないから手放せなくなりますよ。


突然の雨でもへっちゃらの頼れるブーツ

Blundstone/BS558

こちらも同じく「ブランドストーン」のサイドゴアブーツで、高さのあるタイプ。
「タフで軽い」「足に心地よくフィット」「雨に強い」と、三拍子も四拍子も揃う優れたシューズです。
緩やかな丸みを帯びた美しいフォルムは、革の上品なルックスとの相乗効果で、カジュアルにもきれいめな装いにもしっくりとなじんでくれますよ。
はき口の後ろにストラップがついていて、靴の着脱もラクラクです。


夏も活躍! 撥水性に優れているので白でも安心

DANSKO/PROFESSIONAL OILED

当店ですっかりおなじみ「ダンスコ」の“かかとあり”タイプも、実は雨に強いって知っていましたか?
春夏らしい真っ白な「WHITE」にはお手入れしやすいボックスレザーが、定番の「BLACK」「BROWN」には上質なオイルドレザーが使われていて、どちらも撥水性に優れているから、急な雨にも慌てずにすみます。
“かかとあり”タイプは特に安定感があって歩きやすく、「ダンスコ」ビギナーの方にもおすすめですよ。
素足にも似合うから、夏も大活躍間違いなしです!


足にやさしいトラベルシューズの大本命

TRAVEL SHOES by chausser/ウィングチップシューズ

「旅の靴といえばこれ!」と大人気の「ショセ」のトラベルシューズは、ソフトなレザーが足にすぐなじみ、絶妙なフィット感のインソールで足が疲れにくく、ゴム紐で脱ぎはき楽チンと、旅に最適な要素がいっぱい。
さらに注目は水に強いことで、レザーには防水加工が施され、雨を弾くうえにぬれた後のお手入れも簡単です。


“まるで革”の上質感が魅力

【リンネル別注】opposite of vulgarity×リンネル/レースアップシューズ

「革なのに雨に強いの?」と思ったら、なんと実は合皮。
「マイクロファイバーレザー」と呼ばれる本物のレザーのような質感を持つ人工皮革で、雨や汚れに強いのが特徴です。
ポルトガル生まれのブランド「オポジット オブ ブルガリティ」のもので、シンプルな中にも“大人かわいさ”が潜むシルエットが自慢。
軽いはき心地で、長くはいても疲れにくく、たくさん歩く日のお出かけにも重宝します。


今回は、雨に対応できて普段使いもできるおしゃれなシューズをご紹介しました。
どれもはき心地にも配慮がされていて歩きやすいから、あらゆるシーンで活躍してくれる“万能靴”といえそう。旅行や遠出の相棒にもぴったりです♪

 

Blundstone商品一覧

DANSKO商品一覧

chausser商品一覧

opposite of vulgarity商品一覧

 


おすすめアイテム

もっと見る