レッスンvol.16「スパイスで夏を乗り切る!柚子胡椒でピリッと和え麺」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.08.14

スパイスがほんの少しあれば、毎日の食卓はより楽しく豊かなものになる。
非日常がちょっとだけわくわくするような、季節折々のスパイス使いをスパイス調合家/料理家の日沼紀子さんに教えていただきます。
さて、今日のレッスンは?

 

Q:暑い日はついお素麺、となりがちですが、あまり連日だと飽きてしまいます。スパイスを使った素麺のアレンジレシピを教えてください!

 

食欲はないけれど、辛いものなら食べられる、という方もおられるのではないでしょうか。今回は、冬の定番と思われがちな柚子胡椒を使って、夏のさっぱりレシピをご紹介しましょう。

東南アジアの柑橘使いをヒントに、柚子胡椒にナンプラーの香りを合わせます。エスニック感ただよう味わいに変身しますよ。

お素麺を茹でる以外火を使わなくても済むよう、サラダチキンを使いましたが、鶏のささ身を塩水で茹でて茹で汁ごと冷ましたものを使うと、より一層おいしく仕上がります。パクチーやバジル、ミントを加えれば、さらにエスニック感が増しますよ。

 

 

 

柚子胡椒のエスニック和え麺

●材料(2人分)

サラダチキン 100g
きゅうり 1本
玉ねぎ 1/4個
青じそ 4枚
素麺 200g

A
柚子胡椒 小さじ1と1/2
ナンプラー 小さじ3
レモン汁 1個分

●作り方

  1. サラダチキンは食べやすく裂く。きゅうりは薄い輪切りに、玉ねぎは薄切りにする。
  2. Aを混ぜ合わせ、1を和える。茹でて冷やし水気をきった素麺と共に器に盛る。

 

 

= スパイスメモ =

柚子胡椒は、青ゆずと青唐辛子と塩で作る調味料です。黄ゆずと赤唐辛子で作るものもありますし、最近はかぼすやみかんで作るものなど、バリエーションも出てきました。お好みのものを見つけておくと、急に人が来たときでもさっと使えます。

 

Writer's Profile
日沼 紀子 Noriko Hinuma

食品メーカーでスパイス商品開発に携わった後、カフェオーナーとしてスパイスやハーブを使ったオリジナル料理を提供。現在は、顧客に合わせた商品・料理レシピの開発のほか、ワークショップ等でスパイスやハーブを使った生活の楽しさを提案している。独自に調合したスパイスやハーブティーなどを販売するatelierCROISEMENT(アトリエクロワズモン)主宰。著書に「スパイス&ハーブ料理の発想と組み立て」「クミン料理の発想と組み立て」(ともに誠文堂新光社)、「日常づかいのシナモン・レシピ」(産業編集センター)がある。岡山在住。


おすすめアイテム

もっと見る